2008年07月

2008年07月23日

凶悪事件1

 今更と思われるかたも多いが、最近は日本でも凶悪な犯罪が毎日のように起きてますね。
 友人たちとの掲示板にこのことを書いても無反応・・・日本の治安の悪さはいまさら嘆いてもしかたのないことなんでしょうか。
 偶然街を歩いていて,あるいは偶然にその店にいて遭遇する通り魔事件の犠牲者になってしまえば、「それはその人の運勢だったんだからしかたない」で、すむお話なのでしょうか。
 犯人を現代社会の被害者と位置づける人もいるけど、それは違うと思います。世の中のほとんどが多かれ少なかれ悩みをかかえ、世の中に不満を感じながら生きています。それなにに、世の中かがつまらないから、自分がのけ者にされたからと見ず知らずの人々を傷つけるのは同情の余地なんてありません。
 死にたけりゃ勝手に死んでくれ!
 たしかに今の日本の政治を見てれば、弱者救済とは名ばかりで年金生活者・生活貧困者など社会的に弱い立場の者は保護されるどころか、自己責任が当たり前のような政治がまかり通っているのは大いに問題があります。
 福田首相と差し違える覚悟くらいあるなら大したものだけど、街を歩いている自分と同じような一般庶民・弱者に訳の分からない怒りをぶちまけるのはお門違いも甚だしいと言えるでしょう。
 こういう精神的に可哀想な人の気持ちを分かってくれる仲間がいれば、彼の憤りはおさまる方向に進むのかも知れないでしょうが、そういう人って仲間もいないんでしょ?ある意味それは自業自得ってもの。
 自暴自棄になるくらいなら死んだ気持ちで、ギリギリ頑張ってみるくらいの精神力があればなんとかどん底から不死鳥のように蘇る機会もあるかも知れないのに・・・。
 バカは死ななきゃ治らない・・・でも、善良な市民を道連れにするのはやめてほしい。どうせあなたは地獄への道・・・他のみんなは天国へ行くんだから、結局あなたは独りぼっちだよ。

mimjun at 21:02|PermalinkComments(0)エッセイ 

2008年07月22日

はじめまして

 実はブログでお茶を濁す方法は選びたくはなかったのですが、超多忙でHPの更新が半年ほどなされてないことから、日記帳風エッセイをこちらに掲載することに致しましたので、よろしくです。

mimjun at 19:54|PermalinkComments(0)