2012年11月

2012年11月21日

競馬初心者でも儲かってしまう怖いソフト「クォーターライン」4

 まだまだGIシーズン真っ盛りです。

 競馬で儲けを出して行くには的中率と回収率という反比例しそうな命題をうまくバランスを取ることができる少数の人が安定的な黒字を出していけるのです。

 昔から「勝ち馬に乗る」という慣用句がありますが、馬券もよく的中できる人の予想に乗るのが一番の早道です。

 しかし、競馬新聞ばかりに頼っているとなかなか思うように行きません。

 それはなぜだと思いますか?

 競馬新聞が好調と予想した馬は人気になりオッズが低いことが多いからです。


 達人はこういう低オッズを避け人気が低そうだが好調そうな馬を絡めて馬券を買うため、利益が生まれるのです。
 このような予想の達人の馬券の買い方をマネできることができれば、競馬のことを全く知らないズブの素人でも競馬で儲けることができるのです。

 予想師 手塚茂、氏は直前オッズだけに着目して、的中しやすい馬券を探れることを発見しました。
 
 最新作ーワイド馬券を狙う“クォーターライン”はワイドという一見地味な馬券種から着実に儲けを出すことを目的とする予想術です。

 1着から3着までに入りそうな馬の組み合わせを2頭当てるのがワイドという買い方ですから、馬連や馬単よりも当てる確率は高くなります。

 それでいて、穴馬がこの3着以内に入った場合はかなりおいしい馬券になることがあるのがワイドです。

 
     ql

 しかしもちろん、穴を狙うと言っても闇雲に狙えばいいというものではありません。

ご紹介する「クォーターライン」という予想ソフトはI-PATというJRAのインターネット予想のオッズを自動的に読み込んでそのデータをもとに勝手に買い目を出し、自動的に馬券を購入してくれるソフトなのです。


 回収率148%
 的中率35.7%

 
というデータが「クォーターライン」のたしかさの証しです。ソフトが発想約5分前のオッズを参考に自動的に勝負レースか否かを判断し、勝負レースと判断した場合は4〜12点の買い目を出し、自動的に馬券も買ってくれるのです。

 あなたは基本的な初期設定と馬券を買う金額を設定するだけ。
 あとはほったらかしでソフトが全部やってくれるのです。

 1レースの買い目が最高でも12点ですので、比較的安い資金でお金を回せていけるのが強みです。またワイドの強みは当たり馬券が3点もあるということ。このソフトでも穴馬×軸馬2という2点が的中すればかなりの高回収率となります。Wで的中できる強み・・・・それがワイド馬券の大きな魅力なのです。

 発売後の回収率は

10月27日(土):175%
10月28日(日):128%

11月3日(土):153%
11月4日(日):378%

11月10日(土):   33%
11月11日(日):222%

11月17日(土):122%
11月18日(日): 43%

と、ここ2週は片方はマイナスとなっておりますが、トータルではしっかりプラスとなっています。

(設定は通常通りの3点からの4点流しの12点買い均等買い)

 この手塚さんのソフトはオッズに与える影響も大きいので、この“クォーターライン”も短期で販売終了となると思いますので、買いたいかたはお見逃しないように!

    ql2

 MAC OSでは作動しません。

 こちらのリンクからお買い上げのかたには、特別に自分でもある程度予想して馬券を買いたいというかたのために3つの馬券術を無料で差し上げます(無料と言ってもバカにしないでください)。あとは投資競馬の軍資金管理に必要なexcel用ファイルも合わせて差し上げております。

 さらにご愛顧いただくあなたへの感謝の印にamazonギフト券1,000円分という特典まで追加しました。

 ql3
 ご購入画面で上のような「ミムさん特典」というものが表示されていることを必ず確認してください。

 
 詳しいセールスレターをご覧になりたいかた、購入されたいかたはこちらからアクセスしてください。
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
クォーターライン  



mimjun at 18:44|PermalinkComments(0)ワイドで穴を狙い稼ぐクォーターライン 

2012年11月02日

儲けるための正攻法ーワイド馬券を狙う“クォーターライン”5

 秋のGIシーズン真っ盛り。

 競馬というとどうしても3連単で1,000万馬券を当てたとかWIN5で1億円を狙うというようなまるで宝くじでも当てるようなことを夢見ておられるかたもいらっしゃるかと思いますが、当然のことながら、そんなに簡単にいく訳がありません。

 あなたが競馬を投資と割り切るのなら、なおさらそんな一か八かのような馬券の買い方をするのは間違っています。
 かと言って、銀行レースで1番人気の単勝オッズが1倍台のレースでその人気の馬の馬券を買ってばかりというのでは、ジリ貧になるだけ。

 競馬で儲けを出して行くには的中率と回収率という反比例しそうな命題をうまくバランスを取ることができる少数の人が安定的な黒字を出していけるのです。

 昔から「競馬で家を建てた奴はいない」などと言いますが、それは負けた者の負け惜しみです。そういう人が少ないだけで、競馬の回収金で家を建てている人はたしかにいるのです。

 そういう、いわゆる達人の馬券の買い方をマネできることができれば、競馬のことを全く知らないズブの素人でも競馬で儲けることができるのです。

 予想師 手塚茂、氏はオッズに注目しておいしい買い目をみつけることができることを悟りました。
 そして最近では出す予想術ごとにINFOTOPの競馬予想商材で1位を必ずと言っていいほど取るようになったのです。

 そして、今回の予想術はJRAのレースでワード馬券で着実に儲ける手法です。
 ワイド馬券は1つのレースで1位から3位までに入る馬のち2頭を予想する馬券の買い方です。
 1着2着を当てるのはなかなか困難ですが、3着以内の馬2頭なら当たる確率も高くなります。
 それでいて3着以内に穴馬が入ったときは結構おいしい配当となります。ワイドでも万馬券が出ることがあるのはご存知のかたも多いと思います。
 
    ql

 ただ、穴を狙うと言っても闇雲に狙えばいいというものではありません。

ご紹介する」クォーターライン」という予想ソフトはI-PATというJRAのインターネット予想のオッズを自動的に読み込んでそのデータをもとに勝手に買い目を出し、自動的に馬券を購入してくれるソフトなのです。

 回収率148%
 的中率35.7%

 
それが「クォーターライン」の実績です。ソフトが発想約5分前のオッズを参考に自動的に勝負レースか否かを判断し、勝負レースと判断した場合は4〜12点の買い目を出し、自動的に馬券も買ってくれるのです。

 あなたは基本的な初期設定と馬券を買う金額を設定するだけ。
 あとはほったらかしでソフトが全部やってくれるのです。

 1レースの買い目が最高でも12点ですので、比較的安い資金でお金を回せていけるのが強みです。またワイドの強みは当たり馬券が3点もあるということ。このソフトでも穴馬×軸馬2という2点が的中すればかなりの高回収率となります。Wで的中できる強み・・・・それがワイド馬券の大きな魅力なのです。

 発売週の先週は

10月27日(土):175%
10月28日(日):128%

と2日ともプラスで終えてます。

(設定は通常通りの3点からの4点流しの12点買い均等買い)

 この手塚さんのソフトはオッズに与える影響も大きいので、この“クォーターライン”も短期で販売終了となると思いますので、買いたいかたはお見逃しないように!

    ql2

 MAC OSでは作動しません。

 こちらのリンクからお買い上げのかたには、特別に自分でもある程度予想して馬券を買いたいというかたのために3つの馬券術を無料で差し上げます(無料と言ってもバカにしないでください)。あとは投資競馬の軍資金管理に必要なexcel用ファイルも合わせて差し上げております。

 ql3
 ご購入画面で上のような「ミムさん特典」というものが表示されていることを必ず確認してください。

 
 詳しいセールスレターをご覧になりたいかた、購入されたいかたはこちらからアクセスしてください。
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
クォーターライン  



mimjun at 16:19|PermalinkComments(0)ワイドで穴を狙い稼ぐクォーターライン | お勧め競馬商材