エッセイ

2012年05月03日

競馬で継続的に儲けていくためには・・・3

 本日は久々、競馬に関するエッセイを書こうと思います。

 あなたは競馬を楽しんでいますか?

 競馬をあくまで投資と割り切っておられるかたの中には競馬は楽しむものじゃないと言われるかたもいらっしゃるかと思います。

 しかし、「好きこそものの上手なれ」ということわざもあるように競馬も好きであるということは競馬予想を上達させる要素だと思います。

 競馬は自分の小遣いの範囲内でそこそこ楽しめばいいと言われるかも知れません。

 しかし、どうせやるならプラス収支で終わりたいというのが本音なのではないでしょうか?

 映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」で主人公の友人のビフ・タネンが未来でスポーツ年鑑を見つけ、それを過去に遡り、若い頃の自分に手渡し、スポーツ関係の賭け事で大儲けさせるというストーリーがありましたが、あれが現実になったら自分も大儲けできるのにとうらやましく思ったかたも少なくないのでは?(笑)

 後出しジャンケンが許されるのであれば、必ず勝つことができるでしょう。不思議なことに、後出しジャンケンで負けるように指示されると、勝つように指示されるときより、手を動かすのに時間がかかるという実験データがあります。
 これは人間は、本能的に誰しも勝ちたいという気持ちが強いため、負けようとするためには気持ちと逆のものを出さないといけないためその分時間がかかってしまうのだそうです。

 負ければ悔しいですし、ストレスにもなりやすいですよね。

 だから的中できなかったレースのことはさっさと忘れてしまう・・・・。

 それが通常の人ではないでしょうか?

 たしかに、まだその日馬券を買うつもりであれば、負けを引き鶴ことはよくないことです。

 しかし、なぜ的中できなかったのか、そしてそのレースで好走した馬はなぜそのレースで好走できたのかをしっかり見極めることが明日からの予想につながるということを忘れてはいけないのです。

 中央競馬ではJRAが胴元で約2割の寺銭を持って行きます。だから、馬券を買う人の回収金を平均すれば掛け金の8割程度戻って来て元ということになります。

 これは宝くじが約5割平均しか戻って来ないことに比べれば、かなりの回収率ですが、宝くじと競馬の大きな違いは、宝くじが当たるというのは偶然の要素が非常に高いのに対し、競馬は偶然の要素は少ないということ。

 特に穴馬を狙う場合はその馬の馬番が自分のラッキーナンバーというような偶然でもないかぎり、狙わないと当てにくいものです。

 たとえば先週4月29日の天皇賞で、本命と言われていたオルフェーブルを馬連や三連複など(以降、「コンビ馬券」と総称します)を買う場合に敢えて絡めなかった人は素晴らしい読みのかたか、かなりの穴を見込んだかただと思います。

 こういう人気の高い馬を絡めないというのは当然かなりのリスクを負う訳ですが、そのリスクを承知で敢えて外すというのはかなりの勝負師です。

 しかし、1番人気と言っても、絶対ではないのもまた事実。統計上、1番人気になった馬が優勝する確率は約3割と言われています。
 裏を返すと約7割は優勝できないのが競馬というもの。

 収支8割の壁を越えていくためには、この1番人気をどう扱うか大きな課題となる訳です。

 コンビ馬券を買う場合、1番人気を軸に他の馬に総流しというような買い方をする人も少なくないために、馬券に1番人気の馬が絡むと思っていたより配当が少なくなるのを嫌って、あえて1番人気の馬を軸とせずに、2番人気を軸とした買い方をする予想も少なくないようです。

 いずれにしても、人気=そのレースで好走しそうな馬  となる訳ではありません。

 
 1997年にJRAの売り上げが4兆円であったのが、昨年の売り上げは2兆3千万円と半減近くまで下がっています。

 その分、競馬で儲けることは熾烈な争いになって来ていると考えていいでしょう。本気でないとなかなか儲けるのが難しくなって来ているとも言えるでしょう。

 競馬で本気で儲けたい人は、負けたことをいかに次に生かしていくかということを改めてしっかり考えてみてください。


 

mimjun at 11:32|PermalinkComments(0)

2011年01月13日

勝ち馬に乗る5

 どうも、最近することが多くてブログがなかなか更新できておりません。

 先日は5日・8日・9日・10日とJRAも競馬があってファンには多忙でしたね。

 ところであなたは勝てたでしょうか?

 私は幸い三連単で万馬券を当てることができたので、かなりプラスになりました。

 勝ったから書くのではないですが、データって大切だと思います。

 勿論、全てのデータが活用できるとは限らず、逆にそれを知っていたばっかりに、予想が裏目に出たということもあるでしょう。

 しかし、知らないより知っておいたほうがいい場合が多いと思います。知っていて使うかどうかは自分の責任で判断すればいいのです。

 グリーンチャンネルで競馬中継を見ておられるかたの中にも、いらない先入観はいらないからと、音声は消してしまっているなんてかたのいるようですが、私はパドック情報などはかなり参考にしております。
 馬場状態を知っておくことも大切ですし、風向きとかによってもレース結果はかなり変わって来ますからね。

 10日(月)は中山の向こう正面がかなりの向かい風だったようでその影響でかなり差しの馬が苦戦している感じでした。それに先頭を走っている馬もかなり強風の影響を受けるので2番手・3番手くらいで3コーナー、4コーナーを回って直線で抜くという馬がかなり勝っていたようです。
 
 パドック予想のかたもそれを指摘されていたので、私もそれを参考に中距離より距離の長いレースは特に後位スタートの馬は捨ててました。

 中山9Rの5番トレジャーバトルが格上挑戦ながら3位に食い込んだのも、ずっと上位を走っていたせいでしょう。ただ、先頭を走る期間が長かったために、最後はバテて2頭に抜かれたのは残念でしたが。

 また京都も芝は内枠有利のデータが出てたので、内枠中心に買ってましたが、11レースは1~3着が内枠3頭(3→1→2)と来て、1・2・3番の三連単BOX買いをしていた私は600円で55,530円馬券が獲れました。

 穴は狙わないと獲れないということでもありますね。

 馬券を買う時、是非ともオッズが高いからというだけでなく、根拠をもってなぜその馬券を買うのかを必ず理由付けできるものを買ってください。それがたとえ、自分が好きな人が予想した買い目だからという理由であっても構いません。
 あなたとその予想家さんとは相性がいいかも知れません。

 馬券術も昨日は不調だったけど、今日は好調ってこともあります。不調・好調の波はどの予想術にもあるものです。
 その流れをうまくくみ取り、好調な予想師・好調な馬券術を選ぶことがいわゆる勝ち馬に乗った馬券の買い方と言っていいでしょう。

 好調そうな予想が皆無なら、深傷(ふかで)を追う前に切り上げるということも大切です。
 レースはその日だけではありませんから。

 私の場合は三連単を買う場合も60点とかの多点買いはしません。4頭BOXでも多いほうで、1頭をマルチ軸にしてほかの3頭へ流すとか、2頭マルチであとは4頭くらいがヒモなどという買い方をします。

 穴を狙うかたは、

 人気のある馬=実力がある馬

 などとは決して思わないことが大切だと思います。

 そのレースに出走する馬には全てに勝つチャンスが平等にあるのですから。
 競馬は結局、そのレースで勝てそうな馬を当てる賭け事です。いくら才能も実力がある馬も四方八方をほかの馬に囲まれていては、抜け出して差すこともできない場合もあります。展開に恵まれなかったと「運」の問題としてすます人もいますが、そういう展開も読んで予想する人もいますから、実は「運」だけの問題とは言い切れない側面もあるのです。

 ビギナーズラックで勝つ人もいますが、トータルで勝てるようになる人は、自分の買う馬券にしっかりとした根拠を持っている人たちだと思います。
 勝ったら勝ちっ放しにぜず、しっかりデータの正しさを確信し、より高め、勝てない場合はなぜ負けたかをしっかり分析して次に生かす・・・それを繰り返せる人は、たとえ今日は負けても将来的には勝って行ける人だと思います。

 勝つ続けている人は皆それぞれ、人知れず研究している人なのです。

mimjun at 21:47|PermalinkComments(0)

2008年07月23日

凶悪事件1

 今更と思われるかたも多いが、最近は日本でも凶悪な犯罪が毎日のように起きてますね。
 友人たちとの掲示板にこのことを書いても無反応・・・日本の治安の悪さはいまさら嘆いてもしかたのないことなんでしょうか。
 偶然街を歩いていて,あるいは偶然にその店にいて遭遇する通り魔事件の犠牲者になってしまえば、「それはその人の運勢だったんだからしかたない」で、すむお話なのでしょうか。
 犯人を現代社会の被害者と位置づける人もいるけど、それは違うと思います。世の中のほとんどが多かれ少なかれ悩みをかかえ、世の中に不満を感じながら生きています。それなにに、世の中かがつまらないから、自分がのけ者にされたからと見ず知らずの人々を傷つけるのは同情の余地なんてありません。
 死にたけりゃ勝手に死んでくれ!
 たしかに今の日本の政治を見てれば、弱者救済とは名ばかりで年金生活者・生活貧困者など社会的に弱い立場の者は保護されるどころか、自己責任が当たり前のような政治がまかり通っているのは大いに問題があります。
 福田首相と差し違える覚悟くらいあるなら大したものだけど、街を歩いている自分と同じような一般庶民・弱者に訳の分からない怒りをぶちまけるのはお門違いも甚だしいと言えるでしょう。
 こういう精神的に可哀想な人の気持ちを分かってくれる仲間がいれば、彼の憤りはおさまる方向に進むのかも知れないでしょうが、そういう人って仲間もいないんでしょ?ある意味それは自業自得ってもの。
 自暴自棄になるくらいなら死んだ気持ちで、ギリギリ頑張ってみるくらいの精神力があればなんとかどん底から不死鳥のように蘇る機会もあるかも知れないのに・・・。
 バカは死ななきゃ治らない・・・でも、善良な市民を道連れにするのはやめてほしい。どうせあなたは地獄への道・・・他のみんなは天国へ行くんだから、結局あなたは独りぼっちだよ。

mimjun at 21:02|PermalinkComments(0)